タグ:イタリア ( 21 ) タグの人気記事

12月8日(日)
今日は毎月もらえる連続休暇の最終日で、休養と明日からの仕事の準備です。お昼はショコタンの奥様友達とバザーにに出かけます。(アキタンは荷物持ち?)

今回のイタリア旅行で気付いたことをメモしておきます。

まずは使用したホテルの感想です。
どのホテルもネットで評価が8.5以上の所を選び、料金は朝食付きで135ユーロ程度だった。
ミラノスターホテルズエコー
ミラノ中央駅に隣接で空港からのマルペンサシャトルの降り場からもすぐそばでとても便利な場所にある。
中央駅の地下にはメトロの駅もあるので市内観光にも使いやすい。
部屋は広くはないが綺麗でバスタブもありゆったり出来た。WIFIも問題なく使え、朝食も美味しい。
近所に割とポイントの高いレストランあり。もしまたミラノに行くことがあれば使っても良いと思える。

フィレンツェサンフィレンツェ・スイーツ&スパ
部屋数が12程度のプチホテル。ドゥオーモとウフィツィ美術館の間あたりにありそれぞれ5分で行ける観光に便利な場所にある。
駅から歩けるが(徒歩15分位)荷物が多い時はタクシーで12ユーロ程度で行ける。
スタッフは親切で良かったが、WIFIが時々途切れて使いにくかったのと、朝食が8時半からというのは遅すぎて問題あり。
部屋自体は広くて使いやすかった。WIFIの件で苦情を言ったところ、HOTSPOTそばの部屋に変えてくれるなど対応は良い。このホテルも近所に美味しいレストランが幾つかあって便利だった。
このホテルはショコタンは気に入ってたが、アキタンはWIFIが使いにくいので次は別のホテルに泊ままると思う。

ローマフロリスホテル
テルミニ駅から徒歩12,3分。メトロで1駅のリパブリカ駅からなら2,3分。ナツィオナーレ通りに面してる(251番地)、が集合ホテルビル?の4階で入口が分かり難かった。
e0210347_15301564.jpg


古臭いエレベーター(自分で扉を開けるタイプ)で上がったところに受付がある。
中に入ればホテル自体はリニューアルされていて綺麗だった。WIFIも問題なく使えた。
三越、ツアー会社(マイバス)がそばだしメトロの駅が近いので観光に便利なホテル。朝食も種類は多くはないが美味しかった。テルミニ駅からちょっと歩くので、次はもう少し近いところのホテルに泊まると思う。

ローマのスーパー…三越前のトリノ通りをサンタ・マリア・マジョーレ教会方向に7,8分歩き教会前の広場に面したビルの地下一階に割と大きなスーパーがある。ビール、ワイン、プロシュートその他の買い物に便利。ここでプロシュートとお惣菜を買って夕食にしたが、かなり美味しい。旅行中に食事を食べ過ぎた時にはこういうのもありかも。

レオナルドエクスプレス…テルミニ駅からフミチーノ空港へは30分くらいで行ける。
e0210347_15301993.jpg


テルミニ駅に向かって右の方の23,24番ホームあたりから出発する。ホームで係員から切符を買える。(14ユーロ)毎時22分52分出発だった。

ミラノ空港から市内へのバス…市内へは50キロ程あってタクシーではFIXプライスで90ユーロとちょっと高め。バスは一人12ユーロで頻繁に出ていた。(20分毎)

(ナノ)SIMカードの購入…ミラノの空港内では売ってなかった。中央駅内のTIMにて20ユーロで購入。(SIM10ユーロ+2GB10ユーロ)やはり市内でネットが使えると便利。WINDと言う会社はもっと高かった。

都市間の移動TRENITALIAの利用
キャンセル出来ないが早めの予約だとかなり割安。
ほぼ同じ距離(1時間半)で
ミラノ-フィレンツェ50ユーロ(普通料金)
フィレンツェ-ローマ29ユーロ(割引料金)
1ヶ月位前ならスーパーディスカウントプライスというのもあり。

フィレンツェのアウトレットへの公共バス
一人片道5ユーロで安くて本数も多く便利。買い物時間も短く(3時間程度)値段も高いバスツアー(25ユーロ以上?)を使う必要性は感じなかった。
フィレンツェでのSITAのバス乗り場が分かりにくいので事前にチェックしておくと良い。

今回の旅行では観光、買い物、食事と旅行の三要素が全て楽しめたと思います。次回はジェノバでジェノベーゼソースのパスタを食べ、フィレンツェで買い物し、ローマから帰るという旅をしてみたいです。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-12-08 14:00
12月7日(土)
楽しかった旅行も最終日です。帰りの飛行機は午後2時半頃の出発ですから午前中はゆっくり出来ます。
e0210347_356263.jpg

空港では免税手続きを無事終了し、招待してもらったBAラウンジでのんびりしています。

さて、昨日はちょっと雲が多い天気でした。午前7時45分にマイバス社前に集合してツアーに出発です。お客は我々を入れて7名、日本人のガイドさんとイタリア人運転手の9名でした。
ローマ市内を抜け、北へ1時間半ほど走って最初の目的地「ボマルツォ怪物公園」に着きました。
e0210347_5232518.jpg

ここは16世紀にこの地帯一帯を治めていた貴族、オルシーニ家のフランチェスコ王子(Pier Francesco Orsini)が最愛の妻を亡くして悲観にくれていた時、その苦痛から開放されるためにこの公園を作らせたと言われています。
丘の上にはオルシーニ家の居城が見えてます。門をくぐると奇妙な像が出迎えてくれました。
e0210347_5233843.jpg

これがおそらく一番有名な「人食い鬼」です。(サントリーの宣伝で使われてますからね)
e0210347_5234056.jpg

この他、「傾いた家」に入ってみたり(頭がグラグラしました)、巨人の像を眺めたりと一時間ほど公園内のいろんな奇妙な像を眺めて楽しみました。
e0210347_5234512.jpg

次は断崖絶壁の上に立つ「滅び行く町」チビタ・ディ・バニョレージョです。
(天空の城ラピュタのようです)
風雨の侵食によりこの様になってしまいましたが、侵食は少しずつまだ続いてるそうです。
e0210347_5234779.jpg

細い坂道を10分歩いて町中に到着です。中世の町にタイムスリップしたみたいです。
e0210347_5234915.jpg

メインストリートは1本だけで10分で端まで行けてしまいます。左右に少し行くと断崖絶壁からの眺めを見ることが出来ました。
中心部には結構な大きさの教会もありました。1時間ほど散策を楽しみました。
e0210347_5235042.jpg

3ヶ所目はここも崖の上に立つ、「世界一美しい丘上都市」と言われている、オルヴィエートです。先ほどのチビタよりはかなり大きい街です。
かつて教皇の隠れ家として栄えたのだそうです。
e0210347_5235281.jpg

まずはランチタイムです。洞窟のようなレストランに案内されました。中々良い雰囲気です。
e0210347_5235444.jpg

地元産の白ワイン(3ユーロでたっぷりでした)に前菜の盛り合わせです。生ハム2種、テリーヌ、サラダ、ブルスケッタなど色んな味が楽しめました。
e0210347_5235621.jpg

さらにトマト味のパスタ(地元産の太麺でした)、ステーキ(今回のイタリアでは一番良い味でした)と続き最後はパンナコッタとフルコースランチでした。ツアーに付属のランチでしたが満足の味でしたね。

ランチ後は街中散策です。中心部にはドゥオーモです。荘厳な佇まいでした。中は撮影禁止でしたが、ミケランジェロが「最後の審判」を描くにあたってインスピレーションを得たのではないかと言う立派なフレスコ画があって見応えがありました。
e0210347_5235838.jpg

さらに街中を散策です。12角型の塔のあるサンタンドレア教会をのぞいたり、モーロの塔にも行ってみました。
e0210347_524010.jpg

塔からの眺めは良かったです。先ほどのドゥオーモや教会など中世の街並みを眺めてました。
e0210347_52436.jpg

最後にサン・パトリツィオの井戸にも立ち寄りました。ロバで水を運搬するため階段が上り用と下り用に設けられた二重螺旋状になってます。はぁ、結構汗をかきました。
e0210347_524426.jpg

2時間ほどでローマに戻りツアーは解散です。とても充実したバスツアーでした。
最後にガイドさんに近くのスーパーを教えてもらって行ってきました。
サンタ・マリア・マジョーレ教会のすぐそばにあります。テルミニ駅そばのホテルの場合はすぐに行けそうです。これは覚えておかなくちゃ!!
e0210347_524631.jpg

夕食はスーパーで買い出したプロシュートとパプリカのオイル漬けと赤ワインです。
e0210347_524957.jpg

とても楽しいイタリア旅行でした。
明日の記事ではホテルのことや気付いたことを書いておこうと思います。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-12-07 16:24
12月6日(金)
楽しい旅行もあと二日となりました。今朝は早起きして(集合時刻が午前7時45分です)バスツアーに出かけます。一人180ユーロ(昼食付き)と結構な値段ですが、なかなか行きにくい所に案内してもらうので仕方ないですね。
そうそう、ここローマのホテルのWIFIは問題なく使えて快適です。画像をかなり付けて投稿してもすぐに反映されます。
部屋は大したことはありませんが…。

さて、フィレンツェ最終日は朝食後に時間があるので先日閉館時間で入れなかったサンマルコ美術館へ行きました。
e0210347_6935.jpg

ここは画家でかつ熱心な修道僧だったフラ・アンジェリコの作品が多い美術館です。
この「受胎告知」が一番有名かもしれません。
e0210347_69657.jpg

入場して初めて分かりましたが、ここは元修道院をそのまま美術館にしてあるんです。他の美術館とは感じが全く違いました。
e0210347_69981.jpg

絵はほとんどが壁画で回廊や(おそらく)修道僧のいたであろう小部屋の壁にこれらの絵が描かれていました。
絵の有名度では下の順位だと思いますが、行って良かったと思える美術館でした。

ローマへの移動は午後1時38分発の列車です。先日のユーロスター程ではありませんでしたが、綺麗な特急でした。
e0210347_691425.jpg

今回も時刻通りにテルミニ駅に到着しました。イタリアの列車やバスの正確さには驚かされました。

ホテルにチェックイン後は夕食まで時間があるので、ホテルそばのバルベリーニ宮殿(国立絵画館)に行ってみました。
e0210347_692175.jpg

ここは映画好きの方ならご存知かもしれませんが、「ローマの休日」でアン王女が宿泊していた(設定の)大使館なんです。
e0210347_692463.jpg

ここにはラファエロが描いた恋人の絵があります。結局彼女とは結ばれることなくラファエロは早逝してしまいますが、この絵は売り物ではなく(自分で勝手に描いた訳です)遺品の中に紛れていて、死後60年経って発見されたそうです。
e0210347_692528.jpg

こちらの二つはバロック絵画の創始者カラヴァッジョの絵です。
いやぁリアルで迫力のある絵です。叫び声が聞こえてきそうです怖いです。
e0210347_692890.jpg

こちらはナルシスです。水面に映った自分の姿に恋してる様が良く分かる絵です。カラヴァッジョも30代半ばで病死しましたが、長生きしてたらどんな絵を書いたのか見てみたかったです。
e0210347_693499.jpg

夕食は例によってネット検索でレストランを見つけました。
e0210347_694013.jpg

前菜は生ハムとモツァレラチーズ、野菜サラダとパスタはトマトソースとカルボナーラです。
e0210347_694846.jpg

生ハムは塩味が強すぎず良い味でワインにピッタリ、パスタもアルデンテで美味しかったです。
それは良いのですが、アキタンのお腹もやばいことに(ポッコリ!)なってます。(^_^;)
帰ったら断食かな…。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-12-06 16:00
12月5日(木)
今日は午後1時半頃の列車でローマに移動します。
午前中に一昨日行きそびれたフラ・アンジェリコの作品が展示されている「サンマルコ美術館」に行こうと思います。

昨日のショコタンお買い物DAYですが、午前9時10分発の公共バスで「THE MALL」へ向け出発しました。
e0210347_5121676.jpg

バス乗り場が分かり難かったので場所を説明しておきます。
サンタ・マリア・ノッベラ駅に対し線路方向に向かって左手方向に進みます。外に出て階段を降りて道を渡ってから左に進みます。歩道を歩いて行くと右に曲がることになりますが、曲がってすぐにバス会社SITAの入り口が見えると思います。
駅からはとても近いのですが、駅からは見えないので最初は探すのに苦労しました…(^_^;)
バス代は一人片道5ユーロです。(アキタンは往復分購入しておきました…二人往復20ユーロです)
INFOで時刻表をもらっておくと良いでしょう。この時期は平日はかなり空いているようです。
e0210347_5122068.jpg

バスは定刻に出発しました。(ミラノからの移動時もそうでしたが時間に正確でちょっとビックリです)
トスカーナ地方の丘陵地帯を走って予定通り50分間で「THE MALL」に到着です。
e0210347_5122264.jpg

バスはTAX REFUNDのオフィス前に着きますが、帰りのバスもここから出発です。MALLは広くないので迷う心配はないでしょう。
ブランド物のお店が幾つか並んでいますが、MALL自体は案外小さい感じがしました。
アキタンはモンクレのダウンコートに心が動きそうになりました。ダウンがたっぷりでとても暖かそうなコートで、500ユーロほど。日本だと20万はしそうにも思うのですが、考えてみたら同様のダウンコートを持っていて、昨年は一度も使わなかったことを思い出し買うのは断念しました。
e0210347_5122556.jpg

ショコタンは自分の貯金からお洋服2着、靴1足とハンドバッグをお買い上げでした。色々なブランド物をゲット出来て買い物を楽しんだようです。

そうそう、ランチは「DOT.COM」というカフェでピザを食べたのですが、かなり美味しくてビックリしました。

帰りは午後2時のバスでした。この辺りの時間帯(1ー4時)は30分毎にあります。この時も時間通りに運行されて、午後2時50分にはフィレンツェに戻ってきました。
このように公共バス(SITA)で時間通りに往復出来るならば高いお金を出して、買い物時間が3時間位しかないバスツアーを利用しなくても良いなと思いました。

一旦ホテルに戻って荷物を置き、市内を散策です。イタリアンジェラートを食べてなかったので、おやつタイムです。
e0210347_5122778.jpg

二つと言ったら4スクープきてしまいました。でも、美味しかったです。^_^V
その後はヴェッキオ橋付近をフラフラ。宝石屋さんをのぞいたり、夕暮れを眺めていました。
e0210347_5122917.jpg

日が落ちたら気温が急激に下がって寒くなってきました。シニョーリア広場経由でまたホテルに戻りました。
e0210347_5123016.jpg

さて、夕飯は何を食べようかな?イタリアはどこで食べても大体美味しいのが嬉しいです。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-12-05 16:00
12月4日(水)
今日はショコタンのお買い物DAYです。フィレンツェ近郊にあるショッピングモール「THE MALL」へサンタ・マリア・ノッベラ駅発の公共バスで行ってきます。

昨日はアキタン希望の美術館巡りでした。この数年西洋絵画を良く観るようになってルネッサンス、バロック時代の絵画を気に入ってるのでフィレンツェの美術館にはどうしても行きたかったんです。
まずはウフィツィ美術館です。ハイシーズンだと予約なしで入るには大変だそうで一応電話で予約はしましたが、この時期は予約してなくても問題なく入れそうでした。
e0210347_001231.jpg

ボティッチェリの「プリマヴェーラ(春)」「ヴィーナスの誕生」、ダ・ヴィンチの「受胎告知」ミケランジェロの「聖家族」等々ルネッサンス時代の傑作の数々を鑑賞できて楽しめました。
e0210347_6452918.jpg

e0210347_6464461.jpg

館内は撮影禁止なのですが、ヴェッキオ橋やヴェッキオ宮など近くに眺められました。
e0210347_001415.jpg

この後はそのヴェッキオ橋を渡って、5、6分行ったピッティ宮にあるパラティーナ美術館に向かいました。
e0210347_001686.jpg

ここは歴代トスカーナ大公のコレクションが公開されていますが、特にラファエロとティツィアーノの作品が充実しています。
e0210347_001816.jpg

今回のフィレンツェ訪問でアキタンが一番観たかった作品がこれです。
e0210347_641071.jpg

ラファエロの「小椅子の聖母」と言う作品です。それまでの伏し目がちのマリア様と違って、カメラ目線?のとても美しいマリア様です。ちょっと挑戦的な感じで、何か話しかけてきそうに思いました。
ランチはまたネット検索でパスタの美味しいと評判のお店です。
前菜のフルーツのサラダはザクロがとても爽やかな酸味を感じさせ、そしてモツァレラチーズのドライトマトソースは味わい深くて美味しかったです。
e0210347_002087.jpg

ランチ後はフラ・アンジェリコの作品で有名なサンマルコ美術館へ。が、何と平日は午後1時50分で閉館だったんです。…失敗したぁ!(>_<)
e0210347_002265.jpg

仕方ないので、すぐそばのアカデミア美術館へアキタンだけ行ってきました。ショコタンはつい最近行ってますし、目玉はダビデ像位ですから。と言う訳で20分程で鑑賞終了です。
e0210347_002342.jpg

最後にミケランジェロ広場まで13番のバスで行きました。もう日が落ちて夕暮れでしたが、何とか暗くなる前に到着です。
e0210347_002412.jpg

夕暮れのフィレンツェも風情があって良いですね。
e0210347_002671.jpg

二人でそれぞれ記念写真を撮って本日の観光は終了です。アキタンは充実のフィレンツェ観光でした。ショコタンお付き合いお疲れ様!
e0210347_003071.jpg

夕食はホテルそばのリストランテでトスカーナ名物のTボーンステーキです。
e0210347_002912.jpg

柔らかくて良かったのですが、んーこれはイスタンブールのエージドビーフの旨さが優りますね。
ギュナイドゥン、ヌスレのエージドビーフが飛び抜けて素晴らしいってことでしょう。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-12-04 17:00
12月4日(水)
今日はショコタンのお買い物Dayです。サンタ・マリア・ノッベラ駅からアウトレットモール「THE MALL」行きのバスが出ていますので、少し早起きして出かけてきます。天気も問題ないので楽しめそうです。
e0210347_1549724.jpg

ところで、昨日は朝食後にホテルのスタッフにWIFIの不具合の件を話したところ、ホットスポットに近い部屋に変えてくれることになりました。こうした対応の良さがこのホテルの評価が高い点のように思いました。
確かに接続出来るようになって、昨日のブログは画像がかなり含まれていても問題なくアップ出来たのですが、今朝はまた繫がらなくなっています…やれやれ。なんだか不安定さは変わってないようです。
どこかの時点で繋がったら画像付きでアップし直すことにします。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-12-04 15:49
12月3日(火)
今日のフィレンツェのまずまずの天気です。
ウフィツィ美術館(ルネッサンス絵画の名画の数々)、ピッティ宮にあるパラティーナ美術館(ラファエロ)、サンマルコ美術館(フラ・アンジェリコ)などの美術館巡りの日です。

このフィレンツェのホテルのWIFIの調子が悪くて画像付きでアップ出来ません。
ショコタンのiPad miniを借りて文字だけアップし、ローマのホテルに着いてから画像付き記事をアップし直します。

2日の列車での移動はかなり快適でした。10時15分発のユーロスターイタリアでしたが、時間通り発車しフィレンツェにもピッタリ時間通りの到着でした。
車内もとても綺麗でシートの座り心地も上々でした。
e0210347_1759581.jpg

到着後はアウトレット行きのバス乗り場をチェックしてから(ちょっと離れた場所で分かり難かったです)、タクシーでホテルまで行きました。
ドゥオーモやウフィツィ美術館のそばにあるプチホテルで場所はとても良いです。
e0210347_180219.jpg

ランチはホテルのすぐそばのイタリアンです。パスタとメインのコースで何とたったの10ユーロでしたが、ネットの評判通りとても美味しかったです。
支払いは25ユーロで済んじゃいました。
ミラノで払ってた75,80ユーロのランチは何だったんだろう…??
e0210347_180446.jpg

ランチ後は早速サンタ・マリア・ノッベラ教会に向かいます。駅のそばにあり、正面は白や緑の大理石で作られていてとても綺麗です。
e0210347_18076.jpg

色々な宗教画がありますが、目的はこれです。
マザッチョの描いた「三位一体」という絵です。遠近法を駆使して奥行きのある絵になっています。
e0210347_180927.jpg

それまでのゴシック絵画ではなかった新しい手法で描かれています。
マザッチョはそれまでの硬い表情や遠近感のない技法のゴシック絵画から表情の豊かなルネッサンス絵画に発展させた創始者と言われています。27歳で亡くなってしまったためそれほど知られていませんが。

この後はアルノ川を渡って、「サンタ・マリア・デル・カルミネ教会」へ行きました。
e0210347_1801483.jpg

この教会はウフィツィ美術館などと違って行く方は少ないと思いますが、マザッチョの絵がたくさんあるんです。
e0210347_1801881.jpg

まずこれは「楽園追放」です。禁断の林檎を食べたアダムとイブが追放される場面ですが、こんな表情で描かれた絵はそれまでありませんでした。
e0210347_1802092.jpg

これは「貢の銭」です。近景と遠景の描き分けが上手に出来ています。
e0210347_1802218.jpg

「洗礼を施す聖ペテロ」では肉体の描き方がリアルだと思いました。
e0210347_1802482.jpg

マザッチョは先ほど書いたように早くに亡くなったのですが、彼の絵を勉強するためにルネッサンス時代の巨匠ラファエロ、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、などが若い頃にこの教会に通ったそうです。
名画鑑賞を終わって、今度はジオットの鐘楼に登りました。
e0210347_1802554.jpg

441段もあり、一段が結構高いので登るのは大変でした。でも、途中にドゥオーモの屋根が見えてくると頑張ろうって気になります。
e0210347_1802832.jpg

屋上からの眺めは、これぞフィレンツェって感じでしょうか。良い眺めでした。
e0210347_1803059.jpg

ヴェッキオ宮やヴェッキオ橋、先ほど行ったカルミネ教会も見えました。
e0210347_1803332.jpg

夕食はピザが食べたくてネット検索し近くで評判の良い店に行きました。
モツァレラチーズのサラダとピザ・カプリチョーザです。
e0210347_1803591.jpg

ピザの皮は薄めですがもっちりとして香ばしく焼けていました。刻んだオリーブの塩味の加減が良くて旨味のある美味しいピザでした。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-12-03 16:00
12月2日(月)
今日は朝食後はゆっくりして(ブログ書いたりして…)、列車でフィレンツェに移動です。チケットはネットで購入してあります。

昨日は到着日とは打って変わって快晴になりました。気温はそれほど変わりませんでしたが、体感温度はとても寒かった前日よりはかなりましでしたね。
まず、ホテルを7時40分に出発してサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ。レオナルド・ダ・ヴィンチ(ヴィンチ村のレオナルドって意味です)の「最後の晩餐」は教会の隣の修道院の食堂に描かれています。
e0210347_1245675.jpg

予定通り8時45分から15分間じっくり鑑賞しました。素晴らしい絵ですが、かなり傷みがあるのが残念でした。大きなキャンバスに描いてくれてたら良かったのに…。
キリストの左にいる聖ヨハネはじーっと観ましたが、女性のように感じました。キリストと密かに結婚していたマグダラのマリアという説があるのも納得でした。
(映画「ダ・ヴィンチ・コード」ではこの説を使っていました)

名画鑑賞の後はまたトラムでドゥオーモへ。素晴らしい天気で建物の荘厳さが際立っていました。
e0210347_1245991.jpg

12ユーロ払ってエレベーターでドゥオーモの上に登ってみました。(階段だと7ユーロ)
黄金のマリア様は近くに見えますし、下ではクリスマスマーケットの準備が始まっているのが見えましたが、階段でも登れるくらいの高さで遠くは良くは見えなかったです。
e0210347_12451140.jpg

それでもたくさんある尖塔の造りをそばで観察出来ました。一つ一つのてっぺんに色々な像が乗っていてビックリしました。
下に降りて、マーケットをのぞくと生ハムの店が準備中でした。子豚の丸焼き?ハム、美味しそう!
e0210347_12451683.jpg

今度はアーケードに向かいました。新しいショッピング通りかと思いましたが、150年も前に作られていたそうです。
e0210347_12451864.jpg

中央の交差点の天井近くに各大陸を表す絵が描かれています。アメリカ大陸、ヨーロッパ大陸、アメリカ大陸でしょうか。
e0210347_12452255.jpg

アーケードを通り抜け、スカラ座の横の道をずーっと7、8分歩いたところに「ブレラ美術館」があります。
e0210347_12452487.jpg

撮影禁止でしたのでこれらはネットで検索したものですが、ラファエロやカラヴァッジョの絵などが目玉でした。右下の「死せるキリスト」(マンテーニャ作)は残念ながら部屋が工事中の為入れず鑑賞出来ませんでした。構図が素晴らしいので本物を見たかったなぁ…。
e0210347_15333645.jpg

そろそろランチタイムです。ドゥオーモ近辺に戻ってレストラン探しです。ショコタンのiPadで現在地付近のレストランをネットで検索出来るんです。便利な機能ですね。
何軒か当たってミラノの店4500軒中400位の店を発見し入りました。
前菜はブルーチーズとトリュフ乗せのトーストです。赤ワインに良く合います。
e0210347_12452542.jpg

そしてミラノ風リゾットとポルチーニ茸のパスタ。いやぁ、とても美味しい!周りを見てると次々にイタリア人の家族連れが入ってきてほぼ満席状態です。なかなか良い店に当たりました。
e0210347_12452965.jpg

メインはミラノ風カツレツを一皿でシェアしました。これも肉がジューシーでとても良いです。レモンをかけてさっぱりと食べられました。
デザートはプリンで一口だけアキタンも味見しました。甘さも程々、ほろ苦いカラメルと良く合ってました。
一度ホテルに戻ってお昼寝タイム1時間ほど…。(^_^;)
早起きが続きましたからね。

元気回復して再びお出掛けです。
こちらはミラノ中央駅の正面の風景です。立派な建物です。
e0210347_12453149.jpg

メトロを乗り継いで「スフォルツァ城へ。ただ、午後5時を過ぎてしまい、美術館には入れませんでした。
e0210347_12453327.jpg

その後はショッピング通りで有名なモンテ・ナポレオーネ通りをフラフラ…。
赤いリボンのかかっている建物はカルチェのお店です。ニューヨークの五番街の店よりは小さめでした。
e0210347_12453855.jpg

ウィンドウショッピングを楽しみながら、クリスマスマーケットで混み合ってるドゥオーモまで歩いて行きました。あまりお腹も空かないので、午前中にのぞいたお店で生ハムを買い出し、部屋でビールとワインを飲みながらの夕食にしました。
e0210347_12454011.jpg

所々で軽めの夕食にしないと食べ過ぎですからね。200g7ユーロの生ハムでしたが、塩味もちょうど良くて美味しく食べられました。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-12-02 17:00
12月1日(日)
今日は午前8時45分の予約でサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に出かけます。ここは有名なダ・ヴィンチの「最後の晩餐」があります。傷みを防ぐために予約時間ごとに30人で15分間の鑑賞しか出来ません。そして予約時刻の20分以上前に到着する必要があるんです。
と言うことで、かなりの早起きです。

さて、昨日ですが無事にミラノ行きには乗れたのですが、今回はエコノミー席でした。土曜日だったのですが、ビジネスクラスで行くお客さんが多かったようです。会社にとっては良いことなんですけどね、ちょっと残念でした。
e0210347_512561.jpg

2時間半でマルペンサ空港に到着しました。小雪が舞ってて気温は3度ほど。寒ーい!
e0210347_513647.jpg

iPad mini用のSIMを探しましたが無いので諦め、シャトルバスで中央駅に向かいました。ほぼ1時間で到着です。(一人10ユーロ)
e0210347_5131212.jpg

ホテルは駅前でとても便利でした。チェックインした後は、駅構内でSIM探しです。首尾よくTIM(テレコムイタリア)でナノSIMカードをゲットしました。(2GB20ユーロ)
e0210347_5132037.jpg

お腹も空いてきて、ホテルに紹介されたレストランでランチです。イタリア人の家族連れなどが来てる店でかなり良い味でした。
e0210347_5133299.jpg

ランチ後は「グラツィエ教会」に下見に行ってきました。メトロを乗り継いで30分位です。
「最後の晩餐」は実は教会の横の修道院の食堂に描かれています。場所は確認出来たので明日は問題なく行けそうです。
e0210347_513396.jpg

その後はトラムに乗って「ドゥオーモ」まで行きました。ゴシック建築の荘厳な建物でした。
e0210347_5134712.jpg

すぐ隣にはアーケードがあります。通って反対側にはスカラ座があります。
e0210347_5135663.jpg

土曜日ですし、何かショーをやってれば観たかったのですが、残念ながらお休みでした。
e0210347_514492.jpg

このアーケード内には有名ブランド店が並んでいましたが、フィレンツェでアウトレットに行きますので今回は素通りでした。
>
pg

ドゥオーモの尖塔の先端には黄金のマリア像がライトアップされていました。が、ドゥオーモの横の壁に巨大なモニターが設置されているのはそぐわないように思いましたね。
e0210347_5461380.jpg

一度ホテルに戻って夕食は中央駅そばのイタリアンに行きました。適当に入った店でしたが、ここもかなり美味しい店でした。
前菜の魚介サラダやパルマハム+メロンも思った通り良い味でした。
e0210347_5143250.jpg

ボンゴレパスタにポークのグリルも美味で楽しい夕食でした。
e0210347_5143854.jpg

デザートはチョコレートケーキを一つ取ってシェアしました。これも甘すぎず良い味でした。イタリアではどうしても食べ過ぎちゃいますね。(^_^;)
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-12-01 16:00
11月30(土)
今日からイタリア旅行に出かけます。例によって一日遅れて記事をアップして行こうと思ってます。
e0210347_11504874.jpg

ただいま出発準備中ですが、ミラノは寒そうです!昼過ぎから雨になり夜からは天気は回復するようですが、気温は0度。ヒェー、しっかり防寒対策しなくちゃ。

実は当初の旅行はローマ経由でフィレンツェにだけ行き、ウフィツィ美術館を中心にルネッサンス時代の絵画を見て回って2泊3日で帰ってくるつもりでした。ところが、ショコタンがせっかくフィレンツェに行くならもう1泊して「THE MALL」と言う郊外にあるアウトレットモールにも買い物に出かけたい、と言い出し日程が少し延びてしまいました。

また、フィレンツェまで行くなら少し足を伸ばして、ミラノまで行き、まだ見たことのない「最後の晩餐」も鑑賞しようとか、帰りがけのローマにも泊まってイタリアンを楽しもう、何だか面白そうな公園に行くバスツアーがあるらしい…と話が広がってきて、

結局行きはミラノで2泊して「最後の晩餐」鑑賞、そしてフィレンツェへ列車で移動し3泊して美術館巡りとアウトレットモールで買い物、ローマにも移動して2泊しイタリアンの食事とポマルツォ怪物公園バスツアーを楽しむと言う7泊8日の旅になったんです。結構長い旅行になってしまいました。
(^_^;)

昨日はいつもの連続休暇初日でしたが、家で列車の予約やバスツアーの予約などをしたり、ホテルの場所のチェック、レストランを選んだりと色々下調べをしていました。
さて、どんな旅になるでしょうか…。楽しみです♫

今回はビジネス席は満席でエコノミークラスでした。ちょっと残念…。
e0210347_144431.jpg

出発まではラウンジで休憩です。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-11-30 14:00