ブリティッシュ・エアウェイズ ビジネスクラス搭乗記IST-LHR

9月24日(木)
今日は午前中に「オペラ座の怪人」の劇場に行き、夜のミュージカルのチケットを買います。2つ並び席だと3階の後ろの方しか残ってないので、シングルチケットを2枚買おうと思います。ポツン、ポツンと前方の良い席が残っていることが多いので…。

さて、昨日は初めてブリティッシュ・エアウェイズのビジネスクラスに乗りました。JALのマイルをいくらか持っていたので、急にロンドンに行こうと思った時に使ったんです。今迄結構貯めてたんですが、自分が使う前に期限が来てしまって子供達にあげたりしてましたから…。
余り使う機会がないので、思い切ってビジネスクラスです。どんな感じでしょうか?

空港のチェックインはCLUB EUROPEと言うのがビジネスクラスのようでした。余りに簡単に終わってしまい、写真撮り忘れでした。(^_^;)
e0210347_21344803.jpg

ラウンジはいつものプライムクラスラウンジです。
GATEは218番で便利な場所でした。搭乗券に記載されている時刻はGATE CLOSEの時間ですので注意が必要です。トルコ航空の場合は搭乗開始時刻ですね。
e0210347_07294427.jpg

ビジネスクラスから搭乗が開始されました。
e0210347_07294469.jpg

機材はB767です。シート2-2-2の配置ですが、シート自体は余りゆったりした感じではなかったです。1D、1Fの間にスペースがありました。(枕が置かれている所です)
e0210347_07294540.jpg

お客さんが搭乗してるのにコクピットのドアが開いてます。この辺りは外国のエアラインは適当な感じです。JALやANA、その他LCCでも絶対にないと思います。日本が生真面目過ぎるような気もしますけどね。

離陸してしばらくすると食事サービスが始まりました。まずはおしぼりが配られます。
e0210347_07294551.jpg

飲み物はシャンペンにしました。キリッと冷えていて美味しいです。トルコ航空は結構ぬるかったりしますから、これは嬉しかったです。

メインはラムか魚のチョイスでしたので太刀魚のグリルにしました。サラダもかなり量があったし、魚もジューシーで付け合わせの野菜も色々あって美味しく頂きました。以前乗ったルフトハンザのビジネス席よりも上の印象です。
e0210347_07294657.jpg

メインの食事後はデザートまたはチーズのチョイスでした。ショコタンが取ったデザートは味見したところ、甘すぎず上品な味でした。
アキタンが取ったチーズも玉ねぎの甘煮?が添えられていてチーズの味を引き立てていました。
BAの食事サービスはなかなか良いなという印象でした。

クルーズ中はコパイ(副操縦士)さんがギャレーに出てきて談笑してました。コクピットには誰か代わりに入ってたのかな?これも日本の航空会社では考えられないです。トルコ航空ではよくやってましたが。笑
e0210347_07294628.jpg

ロンドンではいつものように空港手前で空中待機がありましたが、少しの遅れでヒースロー空港に着陸しました。
e0210347_07294660.jpg

BAの専用ターミナルはNo.5ですが、アキタンは初めて来ました。新しいだけにとても綺麗でした。

ホテルに着いたのは午後9時半と結構遅くなってしまいましたがせっかくロンドンに来たので近所のパブに行くことにしました。
e0210347_14130672.jpg

アキタンはギネス1パイント、ショコタンはステラをハーフです。
ギネスは泡がクリーミーで、ビール自体も滑らかで飲みやすい味でした。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2015-09-24 15:00