白内障手術@イスタンブールの様子です

2月28日(土)
昨日の記事タイトルで「今晩は白内障の手術…」と書いたのですが、実は一昨日の晩に眼科医から電話が入り、午前8時半に来て、9時から手術にしたいと言われたんです。
それで、昨日は早起きして病院に向かいました。ショコタンも一緒に付き添いで来てくれました。ありがとね!
e0210347_18564611.jpg

この受付で保険証を出したり書類にサインしてから病室に案内されました。
e0210347_18564981.jpg

日帰り手術と思っていたので、個室に連れてこられてちょっと驚きました。
e0210347_18565241.jpg

割とゆったりした作りで、ワードローブや、トイレにはシャワーブースもありました。
e0210347_18565626.jpg

さらに驚いたのは、ちゃんと手術着に着替えるんです。日本でもそうなのかなぁ?
e0210347_19162955.jpg

血液検査をし、手首には病人タグを付け、心電図もチェックします。なんだか大袈裟だなと言う気もしました。
e0210347_1857394.jpg

その後はこの目薬(多分麻酔薬?)を5分毎に4回点眼してからベッドのまま手術室に運ばれました。多分アキタンは初体験でしたね。
e0210347_1857619.jpg

手術室では順番を待ったり、色々手続きがありましたが、手術自体は15-20分ぐらいだったかな?目を開けたままで眩しかったですが、痛みもなく終わりました。医師も「パーフェクトだぁ」などと言ってましたが、特に難しい手術ではありませんからね。
e0210347_14232255.jpg

手術後が大変でした。ランチは病室で頂いたのです(薄味で、量はまあまあありました)が、その後は全くコンタクトがなく、3時間位経ってから処方箋を書いてもらって目薬を4種類購入し、英語の診断書を書いてもらいました。

これで帰れるかなと思ったら、保険会社との連絡に手間取り午後5時になってやっと帰れました。いやぁ、せっかく朝早くに行っても1日仕事でしたね。ただ、おかげで2800TLの手術費用はほとんど保険でカバー出来ました。

手術後はずーっと眼帯を付けているのですが、2時間程経った時に医師の診察で一度眼帯を外して視力チェックをしましたら、ハッキリ見えてビックリしました。やっぱり水晶体が随分濁っていたんですね。

帰りは眼帯付けていて歩きにくいので、ショコタンに手を引いてもらって
ノロノロ歩いて行きました…(^^;;
e0210347_5174327.jpg

夕食は病院のそばのショッピングモール内でトルコ料理にしました。
e0210347_5174573.jpg

[PR]
by akitandaibouken2 | 2015-02-28 15:00