久々のバンコクへ8日間の旅…10 寺院の観光へ

2月10日(月)
ショコタンのお誕生日です。おめでとう!! 何回目かはトップシークレットです。爆

今日から久しぶりの仕事でロサンゼルスへ行ってきます。
雪模様なので、出発前には除雪作業が必要かもしれません。

記事は今日も「バンコク」での観光です。
6日(金)に、天気も良いし1日位寺院巡りの観光に行こうか、と言うことでチャオプラヤ川に出掛けました。

アジアティークの時と同じく、BTSサバン・タクシン駅で降り、船着き場に行くとツーリストボートが発着しています。
(アジアティークとは反対方向に出発します)
e0210347_17362783.jpg

1回乗船40バーツ、1日券150バーツでした。(1日券を買いましたが、結果的には3回しか乗らなかったので1回券の購入でも良かったかも…)

最初は寝釈迦仏のワット・ポーへ向かいました。ピアはNo.8です。
チャオプラヤ川の水は汚いし、川辺の住民の家もかなり…。(>_<)
e0210347_1736271.jpg

ワット・ポーはピアからは徒歩数分で行けます。入場料は100バーツで、お水も1本付いてました。なかなか良いサービスです。
e0210347_17362866.jpg

ここは別名「涅槃寺」とも呼ばれています。早速その寝釈迦仏にご挨拶です。
んー!!大きい!
e0210347_17362885.jpg

体長は46mもあるんだそうです。全身に金箔が貼られてキラキラしています。
e0210347_17362987.jpg

3m×5mの大きな足裏には人々に幸福をもたらすと言われる絵が真珠貝で描かれていました。
e0210347_17363013.jpg

初期の王様の遺骨を納めた仏塔もありました。日本と同じく仏教ですが、色使いが鮮やかですね。
e0210347_20264640.jpg

次はワット・アルンです。チャオプラヤ川に西側にあるので、3バーツ払って対岸への渡し船に乗ります。
e0210347_17363025.jpg

この地に王朝を開いたタクシン王ゆかりの寺院で、「暁の寺」と言う意味です。入場料は50バーツでした。
e0210347_17363151.jpg

大仏塔へは途中まで登れるのですが、階段が急で手すりにつかまっての登り下りが大変でした。(翌日は太腿が筋肉痛でした…(^^;;)
e0210347_17363292.jpg

チャオプラヤ川の眺めです。小さな船がたくさん行き来していました。
e0210347_17364552.jpg

また東岸に戻って、ちょうど次のツーリストボートが来たので乗ろうとしたら、どういう訳か僕らが乗る前にさっと行ってしまいました…。ありゃー。
電車の乗り降りの時みたいにゆっくり待っててはダメなようです。

ちょっとお腹も空いたし、屋台の焼きイカ(100B)を食べながら次の船を待ちました。炭火で焼いたイカはプリプリしてて美味しかったです。
e0210347_1772070.jpg

隣のNo.9ピアからはワット・プラケオまでは徒歩10分位です。
(後で地図を良く見たら、No.8からも徒歩10分で行けそうでした。やれやれ…(^^;;)
e0210347_17571392.jpg

観光バスが何台もいて、たくさんの中国人観光客がいました。

ここがワット・プラケオです。
仏舎利を納める黄金の仏塔とその右側がエメラルド仏を安置している本堂です。
e0210347_17571476.jpg

入場料は500バーツでしたが、かなりの行列です。入り口で服装チェックの係員がいたので聞いてみたら…ズボンの裾がこの赤い線より上ではダメだそうです。
e0210347_17571442.jpg

タイ旅行を計画の方がご覧でしたらお気を付けください。ワット・ポー、ワット・アルンは問題なかったんですけどね。

ホテル近辺に戻ってきたのは午後4時位でした。お昼に焼きイカを2人で1つしか食べてないのでさすがにお腹が空きました。
当初の予定では飲茶に行きたいと思ってたんですが、ランチタイムは終わってるし…。
結局、ホテルの最寄り駅サラデーン前にあるシーロム・コンプレックス内に美味しいトンカツで有名な「まい泉」があるので、食べてみることにしました。
e0210347_17571543.jpg

日本ではまだ行ったことがありませんので、初めての「まい泉」訪問でしたが、カツが異常に柔らかくてビックリしました。箸で切れるって宣伝は本当でした。
美味しかったです!!
[PR]
by akitandaibouken2 | 2015-02-10 15:00