トプカプ宮殿の厨房

12月24日(水)
今日も良い天気で、一日お休みです。午前中に帰国する時のチケットの手配をしに行く位です。

記事は一昨日のジャーケバブの後です。
何年か閉鎖されていたトプカプ宮殿の厨房が公開されるようになったと言う事を聞き、
見学に出かけました。
アヤソフィア(この日は休館日でした)と逆光のブルーモスクを眺めながらトプカプ宮殿に向かいます。
e0210347_0215913.jpg

入口が見えてきました。例によってワンちゃんはのんびりお昼寝中です。なんでここ迄雑踏の中練れるんだろう?不思議です。
e0210347_022192.jpg

観光シーズンは外れているように思いましたが、いやいや、とても混雑してました。
e0210347_022274.jpg

アキタン達は年パスの様なカード(MUZE CARD+)を持っているので並ばずにすぐに入れましたけどね。
e0210347_022348.jpg

入ってすぐ右側に厨房があります。煙突が沢山並んでます。一日に1万2千人分の食事を作ってたそうですからこれくらい大きい厨房が必要だったんでしょうね。
e0210347_022437.jpg

中の写真は残念ながら撮影禁止でしたが、当時使われていた大きなお皿や水差し等々の食器類が展示されていました。大きな蓋付きボウルの様な伊万里焼きの食器もありました。
e0210347_022543.jpg

実際に作っていたキッチンの様子も展示されていました。とても大きい鍋やら調理台等がありました。一人では持てないような大きな分銅もあって、作る人数を考えるとこんなもので量を計ってたんですね。なかなか興味深い展示でした。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2014-12-24 14:00