クルファスリエランチとスレイマニエジャーミーへ

6月3日(火)
今日のリザーブに仕事は(いつものように…)入らず、お休みになったので、ショコタンとアクア・フローリャに併設されている水族館見学と久しぶりのエージドビーフランチに行こうと思います。

昨日は天気がまあまあだったので、市内中心部にお出かけしてきました。
ショコタンに美味しいトルコ料理クルファスリエの店に連れて行ってもらいました。
トラムに乗って50分ほど、TOPHANE駅で降りて道を海側に少し入ったところにあります。
e0210347_23523692.jpg

以前間違えて、シルケジ駅のそばの別の店に行ってしまったんですが、今回の店の方がとても綺麗でした。
12時過ぎに入ったらまだ空いてたのですが、30分を過ぎるとほぼ満席になってました。近くの会社からサラリーマンがランチに来てるように感じました。

さて、真っ先に頼んだのがこの「クルファスリエ」です。白インゲン豆のトマト煮込みで、ネットで調べるとトルコの「おふくろの味」なんだそうです。確かにそんな感じ。素朴ですが、お豆がふんわり柔らかく煮えててとても美味しかったです。ピラヴと一緒にパクパク食べちゃいました。炭水化物抜きダイエットは、夕食で帳尻を合わせます。(^_^;)
e0210347_23523761.jpg

このレストランはパンもとても美味しいです。自家製なのかな?
それとサラダとキョフテも頼みましたが、キョフテもクセ無しで文句無しに美味しい!誰かがトルコに遊びに来たら紹介したいお店でした。
e0210347_23523998.jpg

その後はイスタンブール・モダンと言う美術館のカフェでお茶の予定でしたが、月曜日は休館日でした…。残念。すぐそばにクルーズ船が停泊中でしたし、船を眺めながらお茶したかった…。
e0210347_23524210.jpg

仕方ないので徒歩でガラタ橋を渡って、「まっちゃんの店」へ。
ここでは4月に来たショコタンの友人4人組+他の皆さんからオヤ付きストールの注文が沢山舞い込んだので、そのお願いに行きました。
ここに写ってる各色のストールで合計24枚も注文があったんです。27日出発の日本行きの時に持って行きます。「まっちゃんの店・東京支店」みたいです。(^_^;)
e0210347_23524475.jpg

ここでは駐在員奥様友達アサタンにばったりお会いしてビックリしました。なんでもスペシャルなテーブルを注文中だったそうです。
e0210347_23524792.jpg

まっちゃんの店の後はスレイマニエジャーミーに向かう予定でしたが、外に出ると「イェニジャーミー」のスルタンの控え室?を特別公開中でした。6月6日まで無料で公開中だそうです。
と言う事で、ちょっと寄り道しました。
e0210347_23525162.jpg

中に入ると、青色の綺麗なタイルで廊下や部屋が飾られています。以前ショコタンが来た時は人がいなかったそうですが、今回はトルコ人人達が結構見に来ていました。窓がとっても明るいので写真には撮りづらかったですね。
e0210347_23525575.jpg

最後にスレイマニエ・ジャーミーです。
ネット調べでは
「オスマン帝国の第10代君主スレイマン1世の命により、当時の宮廷建築家頭で、トルコ史上最高の建築家と呼ばれるミマール・スィナンが設計、1550年に着工し、7年の歳月をかけて完成した。」
とあります。
e0210347_23525833.jpg

世界遺産にも登録されている様ですが、アキタンはトルコに来て3年半以上経ってやっと来る事ができました。
e0210347_2353061.jpg

ブルーモスクやイェニジャーミー等のような青いタイルではなく、中は大理石で作られている様です。白と赤色の印象でとても綺麗に感じました。色合いがイスタンブール近郊「エディルネ」にあったシナンの傑作「エリミエ・ジャーミー」に似た感じがしました。あちらの方が豪華な感じはしますけどね。
e0210347_2353218.jpg

同じイスラム圏のマレーシアやインドネシアからの観光客が沢山来ていました。
e0210347_2353669.jpg

これはオヤ付きストールを被ってモスク参拝中のショコタンです。
e0210347_22371730.jpg

その後は徒歩でグランドバザール方面に向かい、生絞りジュースを飲んで帰りました。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2014-06-03 13:00