X-MEN フューチャー&パスト@CAPACITY 観てきました

5月27日(火)
一昨日久しぶりにスケジュールを運用してるESRAから電話があり、27日からのトロントがなくなり29日からの香港行きになりました。
と言うことで、今日もお休みのアキタンはフェリーでボスタンジに渡り、ギョズテペ公園のバラを見に行くことにします。

昨日は午前中に会社に行きVISAの書類を受け取った後は、バクルキョイに出かけました。同じくVISA用に写真が必要でしたので撮りに行ったのと、久しぶりに映画でも観ようかという事になったんです。
イスタンブールでの映画はブログを振り返ってみると昨年8月の「ウルヴァリン・SAMURAI」以来でした。
e0210347_1513570.jpg

今までの映画は毎回「マルマラ・フォーラム」でしたが、今回はここバクルキョイの「CAPACITY』でした。料金は二人で25TLでした。
e0210347_151369.jpg

初めてここに来ましたが、中のスクリーンは結構大きいです。
e0210347_17295448.jpg

観たのはその「ウルヴァリン」と同じシリーズの「X-MEN フューチャー&パスト」です。日本では5月30日公開らしいです。今回はポスターを見ても分かりますが、ミスティークが結構重要な役割でした。
e0210347_1513828.jpg

X-MENシリーズは好きで公開されると必ず観てたのですが、数えるとこれでもう7つ目だったんです。かなり続いてる人気シリーズです。
公開した年と物語の年代が前後してるので、年代順にちょっと書いてみます。
・X-MENファーストジェネレーション(公開は2011年)
・ウルヴァリンX-MEN ZERO(公開は2009年)
・X-MEN(公開は2000年)
・X-MEN2(公開は2003年)
・X-MENファイナル・デシジョン(公開は2006年)
・ウルヴァリン:SAMURAI(公開は2013年)
・X-MENフューチャー&パスト(公開は2014年)
このようになります。
今回の物語では、ミュータントは未来の世界(2023年)で人間が開発したミュータント抹殺兵器「センチネル」に次々と仲間が殺されてしまい、敵対していたプロフェッサーとマグニートーが協力してウルヴァリンの魂を50年前の過去(1973年)に送り、過去のロボット開発を止めさせようとする、と言う話です。
(ニクソン大統領(もちろんそっくりさん)が出てきてビックリ!)
この話の中で姿を自由に変えられるミスティークの役割が重要なのですが、それは観てのお楽しみと言う事にします。

ちょっと「ターミネーター」的かな、って感じもしますが、アキタンはこう言う系統の映画は好きですので楽しませてもらいました。ショコタンは全く???だったようですが。笑

昔「グース」と言う映画で主演した可愛い女の子役の女優「アンナ・パキン」が出てたのですが、今回は誰だか全然分かりませんでした。2000年に出演した時に15,6歳だった彼女も、もう今は30歳ですからね、仕方ないかもしれません。

こちらの映画情報を見てましたら「エクスペンダブルズ3」が8月に公開されるらしいです。これも必ず観に行くと思います。
シルベスター・スタローン主演、製作のドンパチ映画ですが、今回はハリソン・フォード(ご存知スターウォーズのハン・ソロ)やメル・ギブソン(リーサル・ウェポンシリーズ)も出る様です。これは観るしかないですね。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2014-05-27 14:00