西地中海10日間シーボーンクルーズ10…モナコ到着

5月19日(月)
明日からの仕事再開に備えて準備中のアキタンです。ロサンゼルスに行き2泊しますので、間の一日は休養に当てます。

昨日はモナコの港に予定通り到着しました。すぐ隣には個人用のクルーザーもいたのですが…
e0210347_0343144.jpg

ヘリコプターも搭載していてビックリしました。
シーボーン手配のバスでニース空港に午前9時過ぎには着いてクルーズは終了です。
イスタンブールへ戻る便は午後6時10分発ですので、手荷物を預けてまたモナコに戻りました。
荷物の預かり所は出発ロビー中央エスカレーターの後方の左側にあります。
e0210347_0343370.jpg

ネット情報で1つ6.5ユーロと聞いてたのですが何と!14ユーロだったんです。二つで28ユーロは高いですが仕方ないです。大きな荷物を持って観光は出来ませんから…。

ニース空港ーモナコ間は110番のバスで往復1人30ユーロ(片道20ユーロ)でした。30分に1本運行されていて、早くて便利でした。
e0210347_0343696.jpg

モナコの停留所はモンテカルロのカジノから少し坂を登った道の観光案内所そばです。
e0210347_0343825.jpg

1週間後にモナコGPを控えていて、以前来た時よりも雰囲気が良かったです。カジノ前などあちこちに観客席が設置されていました。
e0210347_413044.jpg

チケットは観光案内所近くにブースがあり売ってましたが、決勝のチケットもまだ買えそうでした。480ユーロでしたけどね。チケットは買えてもホテルがないんだろうなぁ。

もちろんローズヘアピンにも行きました。クラッシュした時のためにタイヤが積まれていたり、危険防止のための金網が張り巡らされていました。
e0210347_0343922.jpg

カジノの裏側のテラスからはモナコ港の眺めが素晴らしいです。先ほど下船したスピリットも遠くに見えています。
e0210347_41323.jpg

F1の雰囲気を楽しんだ後は、タクシーでラ・テュルビーへ。
ここはかなり高い所にあって眺めが良いとガイドブックに出ていました。

日曜日はどうもバスが運行されていないようだし、あまり時間もないのでタクシーでテュルビーの見晴らし台に連れて行ってもらいました。
e0210347_413319.jpg

ここの眺めはとても素晴らしいです。断崖の上から右を見るとニースの街、その向こうに空港がはっきり見えました。更にサントロペ迄見えていると運転手さんは話してましたがどこだか分からず…。
(^_^;)
e0210347_413426.jpg

また左を見ると先ほどいたモナコの街が一望出来ます。その向こう側がイタリアです。ガイドブックに載ってるとおり、イタリア、モナコ、フランスと3カ国を一度に眺められました。
e0210347_413592.jpg

タクシーには15分程の間待ってもらい、またモナコの街に戻って70ユーロでした。ちょっと高めですが、なかなか行きにくい所ですので見に行けて良かったです。

ランチは定番のカフェ・ド・パリにて。ニース風サラダと仔牛肉のパスタです。仔牛肉はオレンジソースで煮込んであって美味!爽やかな酸味でした。
e0210347_41373.jpg

ま、ここも値段はかなり高めです。ビールとソーダを飲んで、90ユーロ!
確か、以前来た時もそう思ったんです。これも仕方ないですね。

ホテル前にはやたらとフェラーリが停まっていて、ベンツやBMWが普通以下に見えてしまいます。お金持ちが多い国ですから。
e0210347_4125923.jpg

予定より1時間早いバスで空港に戻り、空港でチェックイン手続きをしました。
タックスリファンドの手続きがとても簡単でびっくりしました。
e0210347_034343.jpg

到着ロビーの左側にあるオフィスで書類を見せると、スキャンしたか?と聞かれました。後ろの機械で書類のバーコードを読み取らせます。緑色のサインが点灯して手続きが終了です。郵送なども必要ないそうです。どこの空港もこんな風だと楽で良いのですけどね。

さて、今日からはまた働かなくちゃ…。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2014-05-19 14:00