電子ブックで「ロスジェネの逆襲」(半沢直樹の続編)

9月26日(木)
今日は明後日から出かけるクルーズの準備をします。前日ですと不足したものを調達するのにバタバタしますからね。

テレビで楽しんだ「半沢直樹」ですが、久しぶりに二人とも原作本を読んでみたくなりました。でもイスタンブールにいるので本屋さんで買う訳にはいきません。ショコタンはiBooksと言うアプリから第一作を購入したようです。特に普通の本と変わりない感じで読める様ですのでアキタンが今度は第二作目を購入しました。
e0210347_14313610.jpg

ただ、それぞれダウンロードしたiPadでしか読めませんので読み終わったらiPadを借りて読むって感じでした。「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」はテレビドラマを思い出しながら楽しく読めました。
e0210347_143138100.jpg
ただ、テレビでも多くの人が気になったラストシーンのその後が気になって第三作「ロスジェネの逆襲」も買うことにしたんです。今度はアキタンがkindleと言うアプリを通して買ってみました。これですとショコタンのiPadでもアキタンのユーザーネームとパスワードを使って二人で別々に本を読めるので便利でした。
値段も通常1575円のところ、1200円で買えました。少しお得ですね。
e0210347_14313773.jpg

kindle版で良かったのは、このように画面を拡大することが出来る点です。第三作目は少し関係が入り組んでいるので時々この関係図を見直しながら読み進めました。
e0210347_1454134.jpg

いやぁ、この「ロスジェネの逆襲」はとても面白かったです。3時間半くらいで一気に読んでしまいました。ドラマ化を早くして欲しいって思いましたね。
今迄は半沢が一人(あるいは同期の渡真利、近藤と一緒に)戦ってきたのですが、今回は東京セントラル証券に出向させられた半沢が下の世代(ロスジェネ組)の森山と組んで戦います。それも企業買収を巡って親会社証券部(今回の敵)と証券子会社(半沢達)が戦うんです。
どんでん返しもそうきたか!って感じでとても良かったです。映像化されるのがとても楽しみになってきました。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-09-26 14:33