ポルトガル旅行4…シントラとロカ岬その2

シントラでのランチは王宮そばのポルトガル料理店です。観光客だけでなく、地元のお客さんもきてました。室内にはアズレージョがありました。
e0210347_5392410.jpg

料理はビールとおつまみに生ハムの他、エビのガーリック炒めとイカのグリルです。ポルトガルはどこで食べてもシーフードはハズレがないです。
e0210347_5392818.jpg

美味しいランチの後は、王宮見学です。外装は復旧工事中でした。
e0210347_5393379.jpg

ここもムーア人が残した建物を礎にポルトガルの各王が増改築工事を施したそうです。
こちらは「白鳥の広間」。宮廷舞踏会場だったそうです。
e0210347_5394093.jpg

この女性は英国に嫁いだジョアン1世の娘カタリーナです。彼女が英国にアフタヌーンティーの文化をもたらしたそうです。
e0210347_5394299.jpg

こちらは「紋章の間」です。ドーム天井一面に王侯貴族の紋章が掲げられています。ヴァスコ・ダ・ガマの紋章もあるそうですが、分かりませんでした。
e0210347_5394750.jpg

王宮見学を終わって、シントラ駅に戻りました。今度は403番のバスでロカ岬を目指します。
e0210347_5395385.jpg

30分程でユーラシア大陸の最西端に到着です。
e0210347_5395638.jpg

岬には十字架の塔が立てられています。ここの先には大西洋が広がっていました。
e0210347_53959100.jpg

雄大な眺めでした。詩人カモンイスの「ここに地終わり、海始まる」との一節が碑に刻まれていました。
まさにその通りの眺めです。
e0210347_540071.jpg

帰りは「カスカイス」と言う漁師町兼リゾート地にバスで移動し、ここから近郊電車でリスボンに戻りました。日程に余裕があるならこのカスカイスで泊まって泳いだり、夕日を眺めながらの夕食も良さそうです。
e0210347_540394.jpg

ホテルに戻ったのは午後7時半でした。この日も充実した一日でした。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-07-10 04:00