ポルトガル旅行5…リスボン市内観光その1

7月10日(水)
この5日間楽しんできたポルトガル旅行も今日は最終日で、お昼頃ホテルをチェックアウトして空港に向かいます。午前中に生ハムを買ってきてお土産にしようと思ってます。トルコでは入手しにくいですから。
午後2時50分出発なのですが、時差が2時間あるので、イスタンブール到着は午後9時半位です。

昨晩は大衆民謡FADOを聴きに行こうと思ってたんですが、夕食で結構飲んでしまってダウンし行けませんでした。
(^_^;)
毎日暑いですし、疲れが溜まってたのかもしれません。

昨日のリスボン市内観光は、まずは観光案内所に行ってリスボンカードを購入からです。
e0210347_18204048.jpg

これがあるとバス、メトロ、トラムなど乗り放題で主な観光スポットに無料で入れるんです。
観光案内所はこのロシオ駅の少し先にありました。
e0210347_10201749.jpg

フィゲイラ広場から15番トラムに乗って出発です。20分位でベレン地区にある「ジェロニモス修道院」に着きました。
ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見を期に建設が始まり、完成に300年以上用した、ポルトガル黄金期を象徴する建物ということですが、まさにその通りの巨大で壮麗な建物でした。
e0210347_10201958.jpg

これは南門と西門です。両方とも入口付近の彫刻が見事です。
e0210347_10202199.jpg

西門の上部には受胎告知、キリストの誕生などが表されています。

こちらは中庭です。
e0210347_10202289.jpg

四方の回廊の外柱やアーチにはロープや貝など大航海時代を表すモチーフが彫刻されており、マヌエル様式というのだそうです。
e0210347_10202448.jpg

ここは西門から入ったサンタ・マリア教会です。
e0210347_10202569.jpg

詩人カモンイスとヴァスコ・ダ・ガマの棺が置かれていました。
e0210347_10202690.jpg

これは「発見のモニュメント」です。道路を隔てた海側にあります。
エンリケ航海王子の没後500年にあたる1960年に立てられた記念碑です。
e0210347_10202850.jpg

偉人像の先頭はもちろん「エンリケ航海王子」です。3番目が「ヴァスコ・ダ・ガマ」、6番目に「マゼラン」が並んでいました。
エレベーターで屋上に登りました。とても良い眺めです。4月25日橋が見えます。先ほど行ったジェロニモス修道院も良く見えます。
e0210347_10202940.jpg

こちらは次に行く「ベレンの塔」です。下を見ると…怖ーい!!(>_<)
e0210347_10203078.jpg

徒歩10分位で到着です。ここはテージョ川を行き来する船を監視し、河口を守る要塞として立てられた見張り塔で通称「ベレンの塔」と呼ばれます。
e0210347_1020339.jpg

ここのテラスからも良い眺めでした。
e0210347_10203436.jpg

これにてベレン地区の観光は終わり、市内に戻ります。が、ちょっとお腹も空いたし評判のエッグタルトのお店が近くにあるので寄って見ることにしました。
続く
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-07-10 15:00