バルト海クルーズへ…4日目・サンクトペテルブルク・エルミタージュ美術館

6月14日(木)
今日は午前中はサンクトペテルブルク郊外のペトロゴーフへ宮殿と噴水の見学に出かけます。夜のバレエ鑑賞までは午後は休憩タイムでブログのアップとお昼寝です。

昨日はエルミタージュ美術館8時間観光に出かけました。船のそばに入国管理局の船が接岸していてここでパスポートを見せてロシアに上陸します。
e0210347_21204016.jpg

美術館だけをじっくり見物出来るツアーと思ったら、市内を車窓から見学しつつ…
e0210347_21204841.jpg

あれあれ、ここは…?? 美術館の絵画や展示物の補修をするところでした。色々な絵画もありましたが、それほど興味を惹かれるものはありませんでした。(おまけに撮影禁止でした…>_<)
e0210347_21205775.jpg

エカテリーナ女帝の金の馬車などを見てるうちに、ランチタイムです。
e0210347_2121558.jpg

レッドキャビア(イクラです)のパンケーキ、ビーフストロガノフのランチでした。ウォッカ、シャンパン付きで良い気持ちになったところで、やっとエルミタージュ美術館に行きました。
e0210347_21254873.jpg

元は宮殿と言うことで、何ともゴージャスな階段です。この「大使の階段」を登って見所の多い2階に行きます。
e0210347_21224894.jpg

「小玉座の間」、「祖国戦争の画廊」を通って…
e0210347_2122576.jpg

「大玉座の間」に行きました。かつてはここで外国の大使や使節は歴代の皇帝に拝謁したんだそうです。
e0210347_212389.jpg

どの部屋も豪華絢爛でビックリです。
こちらは「パヴィリオンの間」です。エカテリーナ2世の愛人がここで暮らしていました。その愛人が女帝に贈ったプレゼントが下の「孔雀の時計」です。
e0210347_21231834.jpg

週に一度だけ実際に動かすそうですが、こんな短時間の訪問では見れませんね。

いよいよ絵画を見に行きますが、その前にここは「ラファエロの回廊」です。ヴァチカンのフレスコ画を模写してあります。
e0210347_22273434.jpg

これは禁断のリンゴを食べて楽園を追放されるアダムとイブです。
e0210347_22274671.jpg

やっと絵画です。
ラファエロ、ダ・ヴィンチ、ティツィアーノ…と素晴らしい絵が並んでいます。
e0210347_21255356.jpg

こちらはカラヴァッジョにレンブラントです。上下に同じ題材「ダナエ」の絵画があります。
e0210347_21263768.jpg

もっとじっくり見たかったのですが、宝物庫に行くと言うことで1時間弱で絵画は終了でした。
宝物庫はトルコのトプカプ宮殿の宝物を見慣れたアキタンにとっては、それほど感激しなかったです。トルコの方は石が大きいですから。
中で、お、これは!と思った宝石で飾られた剣は何とトルコからの贈り物だったんです。
結論、エルミタージュの宝物庫は行く必要なし!です。
e0210347_21264244.jpg

船に戻って簡単なロシアンディナーをいただき、今度はエカテリーナ宮殿ツアーに出かけました。
続く…
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-06-14 21:18