マドリッド3日目…トレド日帰り観光

1月29日(火)
ホテルをチェックアウトし、午前中にマドリッド市内を少し観光してからイスタンブールに戻ります。
マドリッドは食事も美味しいし、見所もコンパクトに集まっているので楽しめました。また何日間か連続休みの時に来たいです。

さて、昨日は予定通りトレド日帰り観光に行ってきました。アトーチャrenfe駅を9時20分発の特急で出発です。チケット代金は2人で往復40ユーロでした。

アトーチャ駅は構内が植物園のようになってます。面白いですね。
e0210347_6255844.jpg

列車はヨーロッパで良く見るICEのようなタイプです。中はとても綺麗でした。
e0210347_626489.jpg

トレドまでは30分ほどで到着です。
駅舎はモザイクタイルが飾られていてイスラム建築のようでした。
e0210347_6261041.jpg

駅を出て右方向(列車の進行方向)に歩き、最初の交差点を左に行きます。5分ほどで街が見えてきます。
e0210347_6261784.jpg

さらに5分歩いてアルカンタラ橋に到着です。ここを渡ると旧市街に入れます。トレドは坂の街で、ずーっと階段を登っていきます。
e0210347_626257.jpg

息が切れてきたなってあたりでサンタ・クルス美術館に着きました。
e0210347_6263213.jpg

中庭はイスラム風の作りになっていました。
ここにはエル・グレコの作品が中心に展示されています。ただ幾つかの作品は大阪に出張中だったようです。
e0210347_6263989.jpg

この街はギリシャ・クレタ島生まれの画家エル・グレコが後半生を過ごした街で、この美術館だけでなく、あちこちにその作品が残されていました。

次はソコドベール広場を通過して、アルカサールへ。でも残念ながら月曜は休館日でした。
e0210347_6405059.jpg

さらに迷路のような道を通ってカテドラルへ。(iPadのCitymap2goはお役立ちでした)
e0210347_6405643.jpg

e0210347_6415354.jpg

中は壮大な装飾が施されていて圧倒されました。
e0210347_641899.jpg

また聖具室には「聖衣剥奪」と言うグレコの宗教画の他、ティツィアーノ、カラヴァッジョ、ゴヤなどの作品が展示されており、さながら美術館のようでした。
e0210347_6411810.jpg

こちらはサント・トメ教会です。
e0210347_6412839.jpg

グレコの傑作と言われる「オルガス伯爵の埋葬」…
e0210347_6581889.jpg

を見ることが出来ます。とても大きい絵で色が鮮やかでした。
e0210347_6414980.jpg

近くのエル・グレコの家にも行ったのですが、ここも月曜は休館日でした。またいつかトレドにくる必要がありそうです。

この後はトレドの街を眺められる高台にあるパラドールにランチに出かけました。
まずはカフェからトレドの街を眺めます。
e0210347_6582894.jpg

グレコの絵で「トレドの風景」というのがメトロポリタン美術館にあるんですが、この辺りから見た絵のようです。彼の目にはこのようにトレドの街が見えたんですね。
e0210347_732815.jpg

次にニューヨークに行った時にまたじっくり観てこようと思いました。

長くなりましたので、ランチと夕食の件はまた明日の記事にします。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2013-01-29 05:00