カッパドキア観光…その1 奇妙な風景

8月14日(火)
今日は早朝に起きて熱気球に乗った後はすぐにイスタンブールに戻ります。

昨日も早朝に起きて、ネブシェヒール(カッパドキア)空港に着きました。
日本語でも「ようこそ」の文字が書いてあります。
e0210347_1162552.jpg

各ホテルへのドライバーさん達が出口で待ってます。
40分程のドライブでSultan Cave Suites Hotelに到着しました。高台にあって街の眺めが良いです。
e0210347_1163144.jpg

荷物を置いたらすぐに観光に出発です。
e0210347_22544544.jpg

部屋は岩をくり抜いたものではないでしょうが、洞窟風な感じですね。雰囲気は良かったです。
荷物を置いて、テラスで待っているとツアーのガイドさんが呼びにきてくれました。
e0210347_1163268.jpg

まずは、ローズバレーのハイキングです。とても綺麗な風景です。地層の色がはっきり別れていて興味深いです。
e0210347_11441080.jpg

火山の噴火の後で、雨で柔らかい地層だけが削られてこのようになったそうです。ホント、面白い形状をしています。
e0210347_11192049.jpg

1時間半程のハイキングの後は、チャウシンです。
ここは洞窟住居です。1960年頃まで実際に使われていたそうですが、崩落の危険が高まった為、現在は廃墟となってます。
e0210347_11192132.jpg

次はパシャバーです。ここはキノコ岩がたくさんあって、カッパドキアらしい風景です。
e0210347_11192239.jpg

住居として使われていた岩の中の部屋から外を眺めてみました。
e0210347_11192366.jpg

ツアーのコースには入ってなかったのですが、ガイドさんの好意でラクダ岩の所にも連れて行ってくれました。自然の造形ですが、面白いです。
e0210347_11192384.jpg

そして、カイマクルの地下都市へ。
ここでは2万人もの人が暮らしていたそうです。教会、ワイン蔵、台所跡、通風孔などがあって興味深かったです。中はとてもひんやりしていました。
e0210347_11192435.jpg

外敵を防ぐためのストーンロック(大きな丸い石が出てきて通路を塞ぐ)もあって、インディー・ジョーンズに出てくる遺跡のようでした。(もちろん手動式でしたけど)

最後にウチヒサールの城塞を見物してツアーは終了でした。
e0210347_11192549.jpg

最後の観光はホテルのバスで野外博物館に連れて行ってもらいました。
ここには岩のなかに色々な教会があります。
e0210347_1119267.jpg

ヘビ、サンダル、リンゴの教会とニックネームが付いてますが、暗闇の教会の壁画はとても綺麗に残っていました。

忙しい一日でしたが、これでカッパドキアの見所はほぼ回ることが出来ました。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2012-08-14 11:04