スペイン・パラドールとバルセロナの旅5

4月27日(金)
今日でパラドールとはお別れです。グラナダ空港でレンタカーを返却し、イベリア航空機でバルセロナ迄移動します。バルセロナでは普通のホテルに二泊します。

昨日のアルハンブラ宮殿入場券は午後6時半の入場時刻指定でしたが、チケットは午前中に入手しておくことにしました。
昨日もも良い天気でした。朝のお散歩がてら出かけました。
チケット売り場は長蛇の列なんですが、アキタンはネット予約しておいたので、発券機にクレジットカードを差し込めばOKです。(^^)v
e0210347_3483397.jpg

さてチケット入手後、昼前迄部屋でゆっくりしてから、アルハンブラバスを利用して街中に行きました。カテドラルと王室礼拝堂見学です。
e0210347_3483910.jpg

カテドラルでは黄金の祭壇が豪華でした。礼拝堂ではグラナダを攻略したイザベラ女王とその夫フェルディナンド二世が葬られていました。女王はここを自分の墓所にすると決めたんだそうです。グラナダに思い入れがあったんですね。

この後は、アルバイシンと言うエリアにあるサン・ニコラス展望台に行きました。上はサン・ニコラス教会です。
e0210347_3484215.jpg

アルハンブラ宮殿とその背後にはシエラネバダ山脈の雪が見えてます。写真やテレビでは見た風景のように思いますが、実際に自分の目で見れるのはとても嬉しいです。

そろそろ午後1時になり、お腹も空いてきたのでパラドールに戻りました。どこのパラドールでもレストランでは30-40ユーロのセットメニューがあってリーズナブルで美味しい料理を出すそうなんです。
e0210347_3484438.jpg

あれ!アナン元国連事務総長、シラク元フランス大統領そして日本からは俳優の伊東四郎さんが来てたんですね。

飲み物はスペインの名物サングリアにしました。赤ワインのジュース割りという感じでさっぱりして飲みやすいです。
e0210347_3484714.jpg

前菜にはイベリコ豚の生ハムを追加で頼みました。そのちょっとした塩味とサングリアの甘さが良く合います。

アキタンは前菜にアスパラガスのソテー、メインはイベリコ豚のフィレにしました。味はとても良いです。
e0210347_3485988.jpg

ショコタンは前菜にオレンジと海老とタラのサラダ、メインはタコのグリルです。ちょっと味見させてもらいましたが、タコはとっても柔らかくて美味しかったです。
e0210347_349447.jpg

デザートは盛り合わせ?とアイスクリームです。あー美味しかったぁ!大満足です。これだけ食べて120ユーロでした。サングリアはピッチャーをお代わりしました。結構酔っ払って、夕方の見学前に一時間ほどシェスタ(お昼寝)することにしました…。(^^;;
段々スペイン流になってきたんでしょうか?

シェスタで元気回復!
夕方の見学です。こちらはフェネラリフェ庭園です。ナスル朝の夏の 別荘として建設されました。今でも凄い手入れをしてますねぇ!緑がとても目に鮮やかです。
e0210347_349891.jpg

別名水の宮殿とも呼ばれていて、あちこち噴水が設置されていますが、おそらくここが一番有名だと思います。「アセキアの中庭」です。水が太陽にキラキラと輝いててとても綺麗でした。音も涼しげで、かつての王達もここで暑さを忘れようとしていたんでしょう。
e0210347_349125.jpg

次はナスル朝宮殿です。やっと午後6時半になって入場出来ました。
こちらは「アラヤネスの中庭」です。水鏡には「コマレスの塔」が映し出されています。
e0210347_3522227.jpg

塔が水に反射して対照になっています。当時の人々は水の使い方が上手だったなぁと感心しました。

その他、大使の間、「アルハンブラ物語」を書いたワシントン・アービングの部屋、中庭、貴婦人の塔を見てから宮殿を後にしました。
e0210347_4442100.jpg

ここはアルカサバと呼ばれる軍事要塞です。
e0210347_444526.jpg

見張り台に登るとアルバイシン、シエラネバダ山脈、そして昼前に訪れたカテドラルも良く見えます。
e0210347_61454.jpg

最後にサンタ・マリア教会、カルロス五世の宮殿などをチラッと眺めて見学終了となりました。
e0210347_444866.jpg

美味しいランチとアルハンブラ宮殿をゆっくり観光して楽しい一日でした。
[PR]
by akitandaibouken2 | 2012-04-27 06:00